TOP > 車載PC > レイアウト考察・パーツ選定


レイアウト考察・パーツ選定

DINのサイズについて。
1DINが高さ50mm×幅180mm、2DINが高さ100mm×幅180mm
奥行きは特に決まっていないようなので車種によって長かったり短かったりします。

マザーボードはDINサイズに収まる大きさのものを選ぶ必要があります。
選択肢としてはMini-ITX(170x170mm)・Nano-ITX(120x120mm)・Pico-ITX
(100x72mm)がありますが 入手の難易度や拡張性を考えMini-ITXを選びました。

丁度、CeleronM 360(1.4G)を持て余していたこともあり、Yahoo!オークションにて
COMMELL LV-671NSMPをボード単体で入手しました。
Mini-ITX規格(170x170mm)で、CPUはFSB400のPentiumM/CeleronMに
対応しています。


ハードディスクはHGST(日立IBM) HTS541612J9AT00を購入しました。
2.5インチでATA100/120GB/5400rpmと申し分のないスペックです。
耐衝撃性などを考えるとSSD(フラッシュメモリドライブ)が理想的ですが
まだまだ高く、そう簡単に手が出せません。

写真のHDDにくっついている赤いモノはIDE2.5->3.5変換基盤です。

以降作成中...

戻る